動物病院 神奈川県 逗子市 フィラリア 狂犬病 予防接種 田嶋動物病院

◆お問い合わせは◆
TEL 046-871-3883 ( AM 9:00 ~ PM 7:00 )

◆手術日◆
手術は営業日 ( 休診日は木、祝祭日です )

 まずは、お電話にてご相談ください。

避妊手術(卵巣子宮摘出術)

一般的知識

避妊手術(当院では卵巣子宮摘出術を行っています)は卵巣と子宮を取ってしまう手術です。
これによって永久的に不妊となり、基本的に発情もなくなります。
(避妊手術は100%発情を防止することを保証する手術ではありません。
最新の論文では代替卵巣が出現して卵巣子宮摘出術を行っても、
再び発情がくる動物もまれにいることが判ってきました。)避妊することはありません。

避妊手術について

卵巣子宮摘出術というのは外科的に雌の卵巣と子宮を取ってしまうことを意味する医学的用語です。
もし、子宮を取っても卵巣を取らなければ、妊娠はしないけれども、やっかいな発情が残ります。
手術は通常5~9ヵ月齢から行います。
この手術は日常的に行われていますが、全身麻酔と完全な無菌的な手技を要する腹部の手術なのです。
妊娠を防止し、発情周期をなくす事が手術の主要目的ですが、この手術は激しい子宮の感染や卵巣や子宮の乳腺癌、ある種の皮膚病の治療のためにも行われます。

この手術の利点

●望まない子犬、子猫の出産の防止。発情周期がなくなる。
●老齢の犬、猫によくみられる子宮感染がほとんど起こらなくなる。
●乳癌の発生率の低下(最初の発情がくるまでに不妊手術を受けると乳癌が滅多に見られない)。
●猫の場合特に行動範囲が狭まるので、病気の感染率や事故、ケガの予防になる。

去勢手術(精巣摘出術)

この手術について

去勢手術とは外科的に精巣(睾丸)を切除することです。
犬・猫は通常6~8ヵ月で性成熟しますが、その直前に去勢手術をすると性本能はおさえられ、
雌に妊娠させる事ができなくなります。もちろんその後の去勢でも雌を妊娠させることはできませんが、
性行動や攻撃性を抑えることが困難になることがあります。
老犬の場合、去勢手術は、こう丸の前立腺の病気、また肛門腺腫の治療に行うことがあります。

この手術の利点

去勢は通常、放浪したりケンカしたりする行動も抑える効果があります
(必ずしも、すべての犬猫で完全に抑えることができるとは限りません)。
また、攻撃性のレベルも低下させます。
しかし、この手術は飼い主さんによる服従トレーニングに代わるものではありません。
雄猫においては、いやな尿のにおいも少なくなりますし、スプレーという行動
(いたる所にオシッコをかけてしまう癖)も減少します。
また、猫エイズや白血病は他の猫と接触することにより感染するのですが、去勢をすると行動範囲が
狭まりますので、これらの病気に感染する確率を減少させることができます。

避妊・去勢 Q&A

不妊手術をすると太ったり、活動が鈍ったりしませんか?

  • 肥満というものはカロリーの取り過ぎによって起こるのです。正しい食餌と運動によってコントロールできます。

この手術によって、性格や知能が変化しませんか?

  • 犬の性格というものは、1~2歳になるまでは十分に発達しません。もし早い時期に不妊手術をしてその後に
    性格が変化したのであれば、その事は手術しなくても起ったものと考えられます。

不妊手術を行うことによって何か問題は起こりますか?

  • 犬において、非常に稀に見られることですが、年をとった時に尿失禁が起こることがあります。
    これは薬物によって通常コントロールできます。

1回ぐらい子犬や子猫を生ませた方が良いのではないでしょうか?

  • 子犬、子猫を生ませる事であなたや、あなたの犬や猫が得られる利点は何もありません。
    むしろ早期(生後6カ月以内)に避妊手術したほうが、乳癌の発生の確率を低くしてくれます。

その他

  • 当院では皮膚の縫合には溶ける糸を使用しておりますので抜糸の必要はありません。また、埋没縫合をおこなって
    おりますので、首にまくエリザベス・カラーの着用を必要としないため、ストレスが大変少なく済みます。